青の花茶の本当の口コミ、効果が知りたい!

青の花茶の本当の口コミと効果にはこんな事実が。。。

今は、化粧品やサプリメント、ダイエット商品などの新商品が、テレビCMやネットの中で毎日のように紹介されています。

 

どの位の商品があるのかわからないほどですが、全て試すことは、ほぼ不可能ですよね。

 

特にダイエット関係の商品は、運動系のものや下着関係、サプリメントやシェイク、さらにお茶と数えきれないほど出ています。最近SNSでも話題の「青の花茶」はダイエット茶として人気を集めているようですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

良い口コミ、悪い口コミの両方ともに調べてみました。

 

◆青の花茶の良い口コミ

 

青の花茶はその名の通り、ティーポットで淹れると青い色のお茶になる商品です。数分でキレイな水色のお茶になり、さらに時間を置くともう少し濃い青のお茶が出来上がります。

 

そんな見た目のため、最初は色に驚く人が多いようですが、飲んでみるとスッキリとした甘さで飲みやすくておいしいという口コミがとても多かったです。

 

ダイエット茶として販売されているお茶なので、飲み続けることで気が付いたら2kg減っていたや、中には−5kgの減量に成功したなどといった口コミも見られました。

 

青の花茶はダイエットの成功に対しての口コミだけでなく、お通じがよくなった、疲れ目がやわらいだ、といった口コミも見られ、お通じがよくなったおかげで、肌の調子が整ってきたなどの口コミも見られました。

 

◆青の花茶の悪い口コミ

 

どんな商品でも、良い面悪い面があるもので、青の花茶にももちろん悪い口コミがありました。一番多かったのは「ダイエットの効果は全く見られなかった」でしたが、次に多かったのは、体に合わないといったものでした。

 

お腹がゆるくなってしまった、なんの効果も感じなかったという口コミも見られました。

 

青の花茶に使われている茶葉は、甜茶、バタフライピー、アマチャヅル、ラフマ、メグスリノキで、青い色の正体はバタフライピーです。どの茶葉もハーブや漢方でも使われているものなので、体に悪い茶葉ではありませんが、体質的に合わないことがあるのかもしれません。

 

ただ、悪い口コミでも「味はおいしい」と書かれているものが多かったですので、味に関しては、高評価のようです。

 

 

◆まとめ

新商品や知らない商品に関して、試す前に口コミを参考にするのは、現代では常識です。

 

ただ、あまり気にし過ぎると逆に何も試せなくなってしまいます。
悪い口コミの方が圧倒的に多い商品の場合は試さない方がよいですが、半々程度であれば、試してみる事をおすすめします。青の花茶は、今なら30日間の返金保証が付いています。気になる方は一度試してみませんか?

 

公式サイトはこちら!

青の花茶

https://lp.aonohanacha.jp/

 

 

 

青の花茶の本当の効果が知りたい!

 

美容やダイエットに敏感な女性の間で話題の「青の花茶」はご存じでしょうか?

 

バタフライピーという、タイでは昔から女性の間で人気のハーブが含まれているダイエット茶で、紅茶と同じように淹れると、とてもキレイなブルーのお茶になります。

 

味はほんのりと甘くて飲みやすく、ダイエット茶の中には味が独特で飲み続けるのが難しいものもありますが、青の花茶はそういったことがありません。

 

でも、ダイエット茶なのに、甘いなんて、本当にダイエットになるの?と気になりますよね。

 

◆青の花茶はスッキリと飲みやすいだけじゃない

 

青の花茶には、いろいろなお茶が配合されています。甘さを感じるのは甜茶(てんちゃ)とアマチャヅルのおかげで、両方とも、もちろん自然の植物です。

 

甜茶は、花粉症にも効果が期待できると、数年前に話題になったように、抗アレルギーの効果が期待され、体質改善のために漢方としても使われていました。

 

実は、甜茶だけのお茶は、甘味が独特で飲みにくく感じることがあるのですが、青の花茶は他のお茶とブレンドされているので、そういった点も解消されています。

 

もう一つの甘味の元であるアマチャヅルは、なんと、あの高麗人参の有効成分と同じような成分が含まれていて、甜茶と同じように花粉症などのアレルギーや、現代病でもあるストレスをやわらげる効果が期待できることから、改めて人気を集めているそうです。

 

それ以外に、メグスリノキ(目薬の木)も配合されていて、名前にもなっているように、目の病気の予防の他、肝臓や動脈硬化の予防にも効果が期待できるそうです。実は、メグスリノキは、日本にしか自生していないそうです。

 

◆ダイエット目的以外でも飲みたい青の花茶

 

青の花茶には、バタフライピーだけでなく、それ以外に配合されているハーブやお茶にも、体のめぐりを助けてくれたり、ストレスをやわらげてくれたりする作用もあると考えられているため、ダイエットのためだけではなく、普段から生活に取り入れて体と心の両方をスッキリさせてくれる効果が期待できそうです。

 

飲み始めている人の中には、ダイエットの効果を上げている人もいますが、その色で周りから注目されたり、人気を集めたりと飲むこと自体を楽しんでいる人がいました。

 

 

◆まとめ

ダイエット茶は、途中で飲むのを飽きてしまうこともありますが、青の花茶ならほどよい甘味があり、色もキレイなので、飽きずに飲み続けられそうです。周りの注目を集めること請け合いの青の花茶をあなたも試してみませんか?

 

公式サイトはこちら!

青の花茶

https://lp.aonohanacha.jp/

 

 

 

青の花茶の副作用が気になる

 

ダイエット茶として人気を集めつつある「青の花茶」をご存じでしょうか。ダイエット茶にもかかわらず、甘みがあって美味しいと味の評価は高いのですが、驚くのはその見た目です。

 

青の花茶のティーバッグにお湯を注ぐと、キレイなスカイブルーのお茶が出来上がります。青い色の飲み物や食べ物は確かに存在しますが、大抵は着色料で色付けされていることが多く、どうしてもそのイメージが頭にあるため、青の花茶も体に悪そう…と感じてしまいます。

 

その見た目から、青の花茶の副作用が気になる人もいるのではないでしょうか。

 

◆青の花茶の青い色は自然の恵み

 

青の花茶にはバタフライピーという、タイでは庭先でもよく見かけられ、昔から使われているハーブの一つです。

 

タイ語で「アンチャン」といい、青森ではタイの貧困を助ける運動として、美しいブルーのお茶になるバタフライピーを広めるため、青森のリンゴを使ってジャムを開発したほどです。

 

青の花茶にはバタフライピ―の他、花粉症にもよいといわれている甜茶や、ストレスをやわらげてくれることが期待できるアマチャヅルも配合されています。

 

◆青の花茶は美容にもいい

 

甜茶は漢方では体質改善を目的として使われることが多く、青い色の元でもあるバタフライピーは、抗酸化作用があるアントシアニンが含まれていて、体のサビを防いで老化を防止してくれるためアンチエイジングの効果が期待できるそうです。

 

目によいといわれているメグスリノキも配合されているので、飲み続けると目がスッキリしたり、コレステロールや血圧を下げたりしてくれる効果が期待できるラフマも配合されています。

 

漢方で使われる植物の中には自分の体質に合わないものがあったり、ラフマのように血圧を下げる効果があるものが含まれていたりすると、元々血圧が低い人の場合、余計に下げてしまうこともあるため、体に合わないと感じる事があるようです。

 

青の花茶は、淹れるとブルーになりますが、配合されているものは全て自然のものなので、薬とは違うため、副作用の心配はほとんどありません。ですが、体質的に合わない人もいるようですので、飲んてみて少しでも気になるようであれば、すぐに飲むことをやめてください。

 

 

◆まとめ

青の花茶はバタフライピーのおかげで、キレイなブルーのお茶になりますが、自然のものなので、体に害のあるものではなさそうです。

 

ただ、漢方で使われているものも含まれているため、体に合わないこともあるようです。どんなものでも、合わないと感じたらすぐに止めて、気になる場合は、医師に相談するようにしてください。

 

 

 

青の花茶は芸能人も飲んでるの?

 

話題の商品や食べ物が爆発的に流行る原因に「芸能人が使っている」がありますよね。昨年ヒットしたPPAPは、その例としてあげられますが、青の花茶はどうなのでしょうか。

 

化粧品のCMでは、肌のキレイな女優が登場したり、ダイエットドリンクのCMでは、ダイエットする前と後の体の比較が放映されたりで商品の良し悪しを判断することもあります。

 

以前はブログが多かったですが、最近ではツィッターやインスタグラムを利用する芸能人が多く、おしゃれな日常や、自分が使っている商品を写真と共に紹介しているのを見る事もあるため、青の花茶も同じように紹介されていないか探してみました。

 

◆ツィッターでの結果

 

まずツィッターで「青の花茶」で検索をかけたところ、残念ながら芸能人で飲んだことがある人はまだいないようで、一般ユーザーのつぶやきしか見つけられませんでした。

 

今年の4月22日にオープンする台湾カフェで、青の花茶にも配合されているバタフライピーを使ったドリンクが販売され、その鮮やかなブルーが涼やかで今から話題を集めているようでした。

 

バタフライピーはタイではアンチャンと呼ばれていて、昔から利用されているハーブで、美容によいことは知られていました。日本では青森でバタフライピーを使ってリンゴジャムやクッキーを販売したり、青いお茶として販売されているので、そのツィートはたくさん寄せられていました。

 

◆インスタグラムでの結果

 

インスタは、おしゃれな日常を切り取って投稿する人が多く、芸能人でもおしゃれで有名な人がたくさんのフォロワーを集めているため、青の花茶もいち早く飲んでいる芸能人がいるのでは…と検索をかけてみましたが、こちらも残念ながら見つける事はできませんでした。

 

青の花茶は販売されてから間もないため、まだあまり知られていないようです。ただ、普通のお茶や、少し苦みの強いお茶とは違い、青の花茶は甜茶やアマチャヅルも配合されているので、スッキリとした甘さでとてもおいしく飲めるお茶です。

 

ダイエットだけでなく、お通じがよくなったり、ストレスがやわらいだりと他にもうれしい効果が期待できるため、これから人気が上がってきそうです。

 

 

◆まとめ

青の花茶は、芸能人の間ではまだ話題に上がっていないようですが、美容やダイエットに敏感な女性の間では、すでに話題になっているようです。公式サイトでは、定期購入ならかなりお得に購入できるコースが用意されています。気になる人は覗いてみてください。

 

公式サイトはこちら!

青の花茶

https://lp.aonohanacha.jp/

 

 

 

青の花茶は効果ない?それとも効果あり?

 

スカイブルーのキレイなお茶ができる「青の花茶」はダイエット茶ですが、実際に飲んだ人の口コミを調べてみると、効果を感じる人とそうでない人がいることが分かりました。

 

ダイエット関連の商品に限らず、どんな商品でも合う人と合わない人がいるものですが、青の花茶は単品で購入すると30日分で\5,680と少し高めです。青の花茶を飲めば、痩せると信じて購入したものの、その結果が出ないとなれば損をした気分になります。

 

そこで、なぜ効果がある人と効果がない人がいるのかを調べてみました。

 

◆青の花茶はどんな商品?

 

青の花茶は、お茶としては珍しいスカイブルーという独特の色をしています。

 

着色料が入っていそうですが、バタフライピーというタイのハーブがその色の元となっています。青の花茶には、その他に甜茶、アマチャヅル、ラフマ、メグスリノキが配合されていて、どれも漢方やハーブでよく使われているものです。

 

人が太ってしまう原因はいろいろありますが、現代はストレスが原因で太ってしまう人が増えているそうです。ストレスは人によって感じ方が違い、中には「ストレスなんてない」といい切る人もいますが、実は感じていないだけで、ストレスのない人は存在しないのだそうです。

 

うまく発散できたり、感じなかったりすればストレスがあっても問題はありませんが、ストレスが原因で病気になることもあります。太ってしまうのもストレスが原因で、無理にダイエットを行うと、体が「危険」と判断して勝手に脂肪を蓄えたり、逆に食べ過ぎたりしてしまうこともあります。

 

青の花茶はストレスをやわらげて、ダイエットがスムーズに行えるようにサポートしてくれる商品です。

 

◆青の花茶で痩せないのはなぜ?

 

公式サイトを見ると、3食いつも通りに食べてもOK、ツライ運動も必要ない、といった説明がありました。

 

ですが、食べ過ぎてしまったり、間食を止めなかったりすれば、いくら青の花茶を飲んでも痩せません。ダイエットを本格的に行うのであれば、バランスの良い食事と適度な運動(通勤時に一駅多く歩くなど)は必要です。

 

青の花茶はスッキリとした甘さのあるお茶なので、間食の代わりに飲んでいる人がいました。「効果がなかった」という人の中に3日しか飲んでいない人もいましたが、お茶は薬ではありませんので、最低2〜3ヶ月は続ける必要がありそうです。

 

 

◆まとめ

サプリメントやお茶など、ダイエットによいといわれている商品はたくさん販売されていますが、どの商品でも期間が短いと結果は出にくいものです。

 

青の花茶が他のダイエット茶と少し違うのは、ストレスにアプローチする点です。日々のストレスがやわらぐと、良い睡眠もとれるようになるため、それもダイエットに繋がるようです。まずはしっかり試してみてください。

 

公式サイトはこちら!

青の花茶

https://lp.aonohanacha.jp/

 

 

 

青の花茶の成分は全て天然由来

 

ダイエット用のお茶といえば、一番に頭に思い浮かぶのは何ですか?ウーロン茶ですか、それとも、最近CMでもよく見る、脂肪を分解することでおなじみのトクホのお茶でしょうか。

 

実は、いまSNSでも話題の、ダイエットティーがあるのですが「青の花茶」といい、その名の通り、ティバッグに入っているお茶をポットで淹れてみると、青いお茶が出来上がります。

 

実際にそんな青いお茶を目の前にすると、「本当に飲んで大丈夫…?」と心配になる人もいるかも知れませんが、青の花茶は全て自然にある植物をバランスよく配合してあるだけです。

 

◆なぜお茶が青くなるの?

 

実は、青の花茶には「バタフライピー」と呼ばれるタイでは昔から飲まれているハーブで、見た目は朝顔のような形で、全体はえんどう豆の花によく似た青い花がお茶として含まれています。

 

お茶が青くなるのはこの花のおかげで、実は他にも「マロウブルー」という、バタフライピーと同じように、青いお茶になるハーブが存在します。

 

バタフライピーはブルーベリーにも含まれるアントシアニンが多く含まれ、細胞の老化を防いでくれる効果が期待でき、その他、中国で医薬品として認められているラフマも含まれ、血圧を正常にしてくれたり、コレステロールを下げてくれたり、リラックス効果なども期待できるそうです。

 

青の花茶は自然な甘みがあるのですが、それも配合されているお茶のおかげで、その一つが甜茶です。甜茶は花粉症にもよいといわれていますが、便秘の解消の効果も期待できるそうです。

 

アマチャヅルも漢字で書くと「甘茶蔓」となり、その名の通りほんのり甘く、高麗人参と同じくらい有効成分が含まれていて、ストレスに効果が期待できるようです。

 

◆青の花茶の効果はダイエットだけじゃない

 

人が太ってしまう原因はいろいろありますが、現代は誰もが抱えている「ストレス」が原因になってしまうことが多いそうです。

 

ダイエットして痩せるためには、食事制限や運動を行うことをまず考えますが、実は、ストレスを軽減するだけでも、ダイエットに効果が期待できるともいわれています。

 

中には、ストレスを抱えると食べられなくなってしまう人もいますが、多くはストレスで食べてしまうことが多いそうで、青の花茶はそんなストレスを軽減してくれると同時に、ほどよい甘さのおかげで間食を避けることができるようになるそうです。

 

 

◆まとめ

青の花茶を淹れて、初めてその色を見ると一瞬驚くかもしれませんが、ほどよい甘さで飲みやすく、飲み続ける事でストレスも軽くなるので、まさに現代人にピッタリのお茶といえます。まだ、飲んだことがない人はぜひ試してみませんか?

 

 

 

 

青の花茶はドラッグストアでも買えるの?

 

ネットやテレビの通販番組で気になる商品があると、すぐ欲しくなることがありませんか?特に悩みを抱えていると、一刻でも早く手に入れたい!と考えます。

 

商品の中には、ネットでしか買えないと思っていたものが、いつの間にか店頭で販売されているものもあるため、SNSで見かける事のある青の花茶も店頭で購入できるのではないかと考え、調べてみました。

 

◆青の花茶をドラッグストアで探してみた結果

 

青の花茶はダイエット茶です。CMでもよくみるダイエットドリンクや、それ以外の商品も一緒に並べられているので、ドラッグストアのダイエットコーナーをチェックしてみました。

 

まずは大手のマツモトキヨシやサンドラッグ、ツルハから調べてみましたが、青の花茶は取り扱っていませんでした。他のドラッグストアもとりあえず調べてみましたが、青の花茶は置いていませんでした。

 

ドラッグストアでは、ネット通販を行っているところもあるため、そちらでも検索をかけてみましたが、残念ながら青の花茶は見つかりませんでした。

 

◆楽天やamazonなら青の花茶が買える?

 

次に考えることは、少しでもお得に買いたいですよね。

 

大手の通販サイトでは、色々な店舗が出店しているので、同じ商品でもお得に購入できることがあります。そこで、楽天やamazonでお得に購入できる店舗がないか探してみました。

 

青い花茶は、バタフライピーというタイでは昔から使用されている、アサガオの花の色に似て、えんどう豆の花のような形をしたハーブが配合されています。そのため、楽天で「青い花茶」と検索をかけると、バタフライピーのみを使用したハーブティーが出てきます。

 

amazonでも同じように、バタフライピーのみならハーブティーとして購入することができますが、青の花茶としては取り扱いがありませんでした。

 

バタフライピーそのものも、含まれているアントシアニンのおかげで、ブルーベリーのように目の疲れに効果が期待できたり、血行促進や解毒作用も期待できたりするそうなので、ハーブティーとして購入するのもおすすめですが、青の花茶には他にもいろいろと配合されていて、とても飲みやすくなっています。

 

価格は、1袋30包入りで\5,680と少し高めですが、定期購入で申し込めば、初回は\980(税抜)で2回目以降も20%Offの\4,580(税抜)で購入することができます。さらに、初回限定になりますが、30日の返金保証も付いています。

 

 

◆まとめ

青の花茶は、現在、公式サイトでの取り扱いしかありません。

 

ですが、定期購入で申し込めば、初回は\980とかなりお得です。

 

30日間の返金保証も付いていますので、試しやすそうです。すぐに手に入れることはできませんが、公式サイトなら販売元でもあるので、安心して購入できるのではないでしょうか。

 

公式サイトはこちら!

青の花茶

https://lp.aonohanacha.jp/